陣痛の痛みってどんな感じ?陣痛の始まりに気づかなかった私の体験談

陣痛の痛みってどんな感じ?陣痛の始まりに気づかなかった私の体験談

こんにちは。アヤママです。

先日の中秋の名月、皆さんがお住いの地域では観賞出来たでしょうか?
出産は月に影響すると良く聞きますが、中でも満月と新月の日に出産が多いそうです。そんな私も新月前日に出産しました。
今回はそんな陣痛について、私の体験談を書きたいと思います

スポンサードリンク

陣痛前のおしるし

陣痛

出産予定日が近づき、いつ陣痛が来ても良いように旅行鞄に入院セットを用意したものの、予定日を2日過ぎても『おしるし』すらありませんでした。
初産の場合、予定日よりも遅れる事は聞いていましたが、2日も過ぎると段々不安になってきます。

臨月を迎えてからは、先生から『動いてね』と言われていたので、毎朝1時間ウォーキングをしていました。
動いても動いても赤ちゃんが下がって来ている実感もなく、お腹をさすりながら『そろそろ出ておいで~』と話しかけていました。

そんな予定日2日経過後でも、近くで開催されていたフードフェアに行くなど、今考えれば結構チャレンジャーだったなと思います。
途中で陣痛来たら大変ですよね。

ですが、私の場合この時点でもおしるしも無くお腹の痛みもまったくありませんでした。

おしるしとは

出産が近づくと、子宮口が少し開いたり子宮が収縮する事により卵膜が剥がれます。
その際に少量ですが出血を伴う場合があり、それが粘液と混ざり出てくる事を言います。

これって陣痛?陣痛の痛みってどんな感じ?

陣痛

その日の夕方、何となく腰が痛い気がしました。その時点では『今日歩きすぎたかな?』と思った程度でしたが、段々と生理の2日目位のだるくて重い感じに変わっていきました。

その時点でもまだそれが『陣痛』だと気づかずに、夫に『なんか腰が痛いし、もしかしたら陣痛きそうだからとりあえずシャワーあびるね』と言った位でした。

シャワーから出ても腰の痛みは引く事なく、この時点でやっと『あれ?もしかしてこれが陣痛?』と感じ始めました。
あらかじめ陣痛の間隔を測定するアプリをダウンロードしていたので、測ってみると、既に10分間隔になっていました。
ここで焦りまくります。(遅いですよね(^^; )

病院に連絡すると『すぐに来て下さい』と言われました。夫に運転してもらい、病院へ向かいました。そこからが長かったです。

到着後は処置室で赤ちゃんが元気がどうかお腹にモニターをつけ、ひたすら待ちます。この時も腰が痛くて仰向けが結構苦しかったです。モニターする事1時間、やっと病室に移動出来ました。

この頃には腰の痛みは激しく、『重い、痛い』を繰り返し、うなってました。
育児本や妊娠中の本等を読んでいなかった私は、何で腰なの?陣痛ってお腹が痛くなるんじゃないの?とそればかり考えていました。

病室でもだえる事2時間、助産師さんから『そろそろ陣痛室行く?』と言われました。頭の中では『え~まだ生まれないの?いったいつまで我慢するんだ』と思っていました。

陣痛室では痛みはピークに、もう叫びまくりでした。夫はその間、ずっと腰をさすり続け、時々私に『そこじゃない!もっと上』だの『もっと下!』だの言われ可哀想でした。今となってはずっとさすっていてくれた夫に感謝です。

スポンサードリンク

あとがき

ともあれ、無事に娘を出産する事が出来て良かったです。
出産するまでは『陣痛は腹痛』と勝手に思っていました。お腹が下る度に『あ~この何十倍の痛みが陣痛なんだろうな』とぼんやり考えていましたが、私の場合は『腰痛』でした。

痛くなったり治まったりを繰り返したので陣痛なのかな?と思いましたが、もしかしたらそのまま気づかずに出産直前になっていたかもしれないと今では思います。

育児や妊娠関連の本を読まないのも良いかもしれませんが、他の方の体験談を知っていれば私のように『陣痛の始まりに気付かなかった』と言う事にはならないのだろうなと思いました。

人の体験談を読むのは自分のためにもなるんですね。
私の経験が皆さんのお役に立てれば幸いです。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒陣痛の痛みを和らげる方法!痛みを乗り切るコツを伝授

*