妊娠中におすすめの髪型!産後は絶対ロングの方が楽だと思う私の理由

妊娠中におすすめの髪型!産後は絶対ロングの方が楽だと思う私の理由

こんにちは。アヤママです。

暑さ寒さも彼岸まで。と言いますが、日中はまだまだ半袖の私です。
秋は長雨のシーズンでもありますよね。私はくせ毛の為、梅雨と雨の日があまり好きではありません。

そんな私も、妊娠してからは髪型をどうするか結構悩みました。
今回は妊娠中、そして産後に私がどのような髪形をして過ごしたかを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠中におすすめの髪型

ヘアスタイル

つわりの時期

妊娠がわかり喜んだのも束の間、すぐにつわりで苦しんだ(苦しんでいる)方も多いと思います。
私もその一人で、私の場合は『食べづわり』で空腹になると気持ち悪くなり、会社の給湯室でちょこちょこ何かをつまんでいました。

そんな時期には髪型もあまり気にしませんでした。というよりは気にならないと言った方がピタリときます。
私はロングヘアですが、つわりの時期にはストレスがないようにバレッタやシンプルな飾りのゴムでひとまとめにしていました。

ショートやセミロングの方も、髪が顔にかかると結構ストレスだと思いますので、ワックスやカチューシャ等で顔周りをすっきりさせておくと良いかと思います。

妊娠中期

つわりも治まり、今度は食欲に火がついてくる時期です。
私は体重管理を厳しく設定されていたので、この時期は食欲を気にしないように常に何かをしていました。

例えば、朝も髪型を少し凝ったものにしたり、時間が掛かるヘアスタイルにし食欲をごまかしていました。
編み込みをしてみたり、携帯でロングのヘアスタイルを探して挑戦してみたりしていました。

この時期は体調も安定してくるママも多いと思いますので、気分転換を兼ねてご自分がしてみたいヘアスタイルにチャレンジする等冒険してみても良いかもしれませんね。

行きつけの美容院がある方は、ご自身の髪質や性格など美容師さんが良くご存じだと思いますので、『おまかせ』でチャレンジしてみるのも手ですよね。
また、ホットペッパー等で探すと『おまかせ似合わせ変身プラン』みたいなのがある美容室があったりするので、行きつけがないママもチャレンジしやすいかと思います。

妊娠後期

この時期になると、髪をバッサリ切るかそのままロングでいるか結構悩みました。

友人は妊娠すると髪を短くする人がほとんどだったので、どうして短くするんだろ?と思うと同時に、私も短くするかな?と考えた事がありました。

そんな昔を思い出しながら考えた事は自分の『髪質』です。
私は本当にひどいくせ毛で、年に2回は縮毛矯正をしていました。矯正しないと広がり、まとまりのない髪になってしまいます。

妊娠中期のまだお腹がそんなに目立っていなかった頃に妊娠中最後の縮毛矯正をした程です。そんな髪質のため、産後いつ次の縮毛矯正に行けるかを考えました。

結論は『まったく未知の世界のため、想像出来ない』でした。

そのため、短くしてしまうと結ぶ事も出来ないですし、結べる長さでカットしたとしても結んでいない時は広がり、まとまりのない状態で我慢しないといけないと言うその時点での判断で、ロングのままでいる事にしました。

縮毛矯正を掛けた後でしたので、出産まではストレートを楽しんでいました。

妊娠後期になると、出産に向けての準備が色々始まると思います。
出産に向けてその時は髪をどうするか考えておくのも良いかもしれません。陣痛で苦しい時に、髪が顔にかかったりすると余計にイライラするかもしれません。

ちなみに私は陣痛が始まってからは柔らかくて大きいゴム(メイク落としの際に使用する様なもの)で髪を軽くまとめていました。
これは良かったです。陣痛で動きまわる時でもぎゅっと縛った時よりは髪も引っ張られないですし、出産する際の仰向けも縛った所が痛いと自然と顔が横向きになり、上手く呼吸出来ないと思いました。

ただし、これは今思えばの話で、出産中はそんな事を考える余裕すらありません(^^;

スポンサードリンク

産後は絶対ロングの方が楽

ロング

産後はすぐにシャワーを浴びれる訳ではありません。陣痛に耐え、出産で力を使い果たし汗だくでもそのままです。

私は産後もずっと大きめのゴムで軽くまとめる事をしていました。縛れなかったら髪も一緒に汗だくになってたかもしれないので、髪を洗えないストレスがあったかもしれません。

授乳の際も、赤ちゃんの口元と自分の乳首を常に見ている状態のため、結んでおくことで髪が邪魔にならずにすみました。
抱っこの時も赤ちゃんの顔に髪が掛かるのを気にしないで済むため、楽です。

そのほかにも沐浴時はそれこそずっと赤ちゃんを抱っこしているため、顔に髪が掛かってきてもいちいちはらう事など出来ません。
そんな時でも軽く結んでおけるロングはとても楽でした。

また、赤ちゃんが少し手足を動かせる様になると思いがけず髪をつかまれ引っ張れることが多々あります。
赤ちゃんを見に来た友人が良くこれで髪を引っ張られていました。

その後、首が座り縦抱っこが出来るようになっても赤ちゃんに髪が当たる事がないため、ストレス無しでした。
それにとにかく新生児の頃は赤ちゃんのお世話で精一杯で、自分の事など気にする余裕すらありませんでした。

そんな育児で追われる毎日でしたので、髪を乾かす時間は多少掛かりますが、ただ結ぶだけでいいロングヘアは本当に楽でした。
そして産後、やはり長い期間美容院へは行けませんでした。産後初めては4カ月後でしたので、もしもショートにしていたら4カ月美容院へ行けないとなるとどうなっていたか想像も出来ません。

そんな様々な結果から、私は現在ロングヘアで出産の為に短くしようか悩んでいるママには『そのままロングでいる』事をお勧めします。
夏の出産であれば考えは変わるかもしれませんが、その後の子育ての大変さを考えるとロングヘアは楽ですよ(^^)

あとがき

私のように髪質に悩む方も少なくないと思いますし、ご自身の好きな長さもあると思います。
私はロングヘアのままで良かったと思っていますが、皆さんがご自身にしっくりくるヘアスタイルであればそれで良いと思います。

また、私は妊娠中でも気にせずにカラーリングや縮毛矯正をしていましたが、気になるママや体調が不安なママは美容師さんにその旨伝えてみてください。
アドバイスを頂けるはずです。

妊娠中、産後のヘアスタイルはとにかくママのストレスにならない物が良いと思います。秋の夜長にヘアスタイルを色々考えてみるのも楽しいかもしれませんね(^^)

私の経験が皆さんのお役に立てれば幸いです。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

*