ノロウイルスの食事に納豆やパンはあり?おすすめできない理由とは?

ノロウイルスの食事に納豆やパンはあり?おすすめできない理由とは?

こんにちは。りんです。

ノロウイルス時の食事って胃腸にやさしいものがおすすめなんですが、納豆やパンはどうなんでしょう?

息子が納豆もパンも大好きで、ノロウイルスにかかって食欲が落ちていた時でも、納豆やパンを食べたがったんですよね。当時は、様子を見ながら少しずつ食べさせていたんですが、実際はどうなのか知っておこうと調べてみました。

スポンサードリンク

ノロウイルス時の食事とは?

ノロウイルスにかかると、嘔吐と下痢の症状がひどいですよね。

そんな時に食欲は湧かないのが普通ですが、上からも下からも出ていってしまってるので、正直お腹は空きます。もちろん、嘔吐がひどい時に無理に食べてはいけません。

症状が落ち着いて食べ物を口にしたいと思ってからで問題ありません。水分補給だけはしっかり行ってくださいね。

では、症状が落ち着いて何を食べたらいいのか?

それは、消化しやすい胃腸にやさしい食べ物が鉄則です。主におかゆやうどん、野菜スープなどがあげられます。果物であれば、すりおろしたりんごがおすすめです。

と、ここで疑問に思うのが、納豆はどうなのか?

ノロウイルスの食事に納豆は?

納豆

納豆といえば、小さいときから体に良いと言われてきた食べ物ですよね。実際、テレビの健康番組でも特集が組まれたり、納豆の効果が取り上げられたりしています。

体にいいんだから、食べても良さそうに思えますが、実は納豆って固くて消化がよくないんです。

栄養素も多く、体に取り入れられるまで、多くのエネルギーを必要とします。そのため、胃腸に負担がかかってしまうんです。

ノロウイルスなどの胃腸炎の時には、単純に体にいいものが食べていいものとは限らないということを覚えておく必要がありますね。

スポンサードリンク

ノロウイルスの食事にパンは?

では、次はパンはどうなのか見ていきましょう。

手軽に食べられるという点で、食欲がなくても食べやすいかなぁと思っていたんですが、ノロウイルスの時はダメでした!

パンは消化に時間のかかる食べ物で、胃腸に負担がかかってしまいます。下痢や嘔吐で荒れてしまった胃腸にはよくないですね。

息子がノロウイルスにかかった時は、おかゆを全然受け付けてくれませんでした。そんな時、手軽に食べられるパンを食べたがったんですよね。お腹が空いてしまいますから。

もちろん、嘔吐や下痢が治まってからの食事でしたから、様子を見ながら少しずつ食べさせてはいました。でも、ダメだったんですね(ToT)

とはいっても、症状が改善してきていたので、幸い息子はその後、ひどくなることもなく回復してくれましたが、ノロウイルス時のパンは控えるようにしたいと思います。

ノロウイルスの食事【納豆】【パン】まとめ

いかがだったでしょうか?

ノロウイルスにかかると、嘔吐や下痢がひどい状態では食事どころではありませんが、症状が和らいできた時に胃腸に優しい食べ物でいたわってあげてくださいね。

早く良くなりますように。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒ノロウイルスの食事で子供にヨーグルトはダメ?実は時期が問題なんです
⇒ノロウイルスの食事で子供にバナナは大丈夫?OKな場合とNGな場合
⇒お腹の風邪の原因と症状!子供が下痢や嘔吐した時の対処法
⇒子供の胃腸炎は何日続く?完治までの症状と私の奮闘記
⇒赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気だけどどうやって対処する?

*