ぞうさんの歌詞の意味が泣ける!2番はとうさんが登場?!

ぞうさんの歌詞の意味が泣ける!2番はとうさんが登場?!

こんにちは。管理人のりんです。

生まれたばかりの頃から息子に歌っていたぞうさんの歌。

作者はご存知、まどみちおさん。

最近、ぞうさんの歌の歌詞の意味を知ってほろっとしてしまいました。
みなさんはご存知ですか?

今回はぞうさんの歌詞の意味ととうさんが登場する2番をご紹介します。

スポンサードリンク

ぞうさんの歌詞の深い意味

ぞうさんの歌詞

ぞうさん ぞうさん
おはなが ながいのね
そうよ
かあさんも ながいのよ

ぞうさん ぞうさん
だあれが すきなの
あのね
かあさんが すきなのよ

普通に聞くとほっこりする内容ですが、実は深い意味が隠されていたんです。

まどみちおさんの解説

ぞうの親子

ぞうのこどもが、鼻が長いねと悪口を言われました。

こどもはしょげたり、腹を立てたりする代わりに、
一番好きなかあさんも長いんだよ!と誇りを持って答えます。

ぞうのこどもは、ぞうとして生かされていることが
すばらしいと思っているのです。

この歌は、ぞうに生まれてうれしいぞうの歌と思われたがっているでしょう。

目の色が違うから、肌の色が違うから、すばらしい。

違うから、仲良くしようということです。

意味を知って驚きました。

こどものぞうが鼻が長いことをからかわれていたなんて。
それでも、ぞうとして生きていることに誇りを持っている。

ほんの短い歌詞の中に、こんなメッセージが込められていたなんて。
息子が大きくなってから、ぞうさんの歌の意味を伝えていきたいですね。

スポンサードリンク

とうさんが2番に登場

上でご紹介したように、ぞうさんの歌詞にはとうさんが登場しません。

こいのぼりでは逆でしたね。

⇒こいのぼりの2番におかあさんが登場する?!

児童館で教えてもらったとうさんが登場する2番をご紹介しますね。

ぞうさん ぞうさん
おみみが おおきいの
そうよ
とうさんも おおきいのよ

作者はまどみちおさんではないようですね。

こいのぼりと一緒で、とうさんが出てこないぞうさんの歌に誰かがつけ加えたんでしょう。

とうさんぞうさん

あとがき

ぞうさんの歌を意味を知ったことで、これからぞうさんを息子に歌ってあげる時には子ぞうの健気さを思い出してほろっとしてしまいそうです。

今後も気になる童謡があれば、その都度ご紹介していきたいと思います。

何気なくうたっている童謡にもいろいろなメッセージが込められているんですね。

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒こいのぼりの歌詞に2番と3番があるって知ってた?!

*