こいのぼりの歌詞に2番と3番があるって知ってた?!

こいのぼりの歌詞に2番と3番があるって知ってた?!

いつもありがとうございます。管理人のりんです。

もうすぐこどもの日。
息子にも歌ってあげる歌は「やねよ~りたか~いこいのぼ~り」ですよね。

私は1番しか知らなかったんですが、隣の女の子が幼稚園で習ってきたようで、こいのぼりのメロディで違う歌詞を歌っていたんです。

つい声をかけて、歌詞を聞いてしまいました。
こいのぼりに知らない2番、3番があると知って衝撃を受けました。

息子のためにも覚えなきゃ!と自分の覚書の意味も込めて、まとめてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

こいのぼりの歌詞

皆さんご存知のこいのぼりの1番がこちら。

やねよりたかい こいのぼり
おおきいまごいは おとうさん
ちいさいひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

この1番は、近藤宮子さんが作詞されています。

が、2番や3番は発表されてはいないのです。

作曲は不詳ですね。

こいのぼりと子

となりの子が教えてくれた2番と3番がこちら。

みどりのかぜに さそわれて
ひらひらはためく ふきながし
くるくるまわるは かざぐるま
おもしろそうに およいでる

ごかつのかぜに こいのぼり
めだまをぴかぴか ひからせて
おびれをくるくる おどらせて
あかるいそらを およいでる

とこんな感じでした。

聞いてみると、2番はなんとなく聞いたことがあるような気がしましたが、3番は全く知りませんでした。

2番、3番の作詞者はわからないですね。

1番が歌い継がれる間に2番、3番と誰かが付け足したのでしょう。

スポンサードリンク

こいのぼりには違う2番が存在する?!

これは息子を連れて近くの児童館に行った時の話。
みんなで歌をうたって遊んだ時のこと。

上でご紹介した2番、3番とはまた違う歌詞だったんです。

それがこちら。

やねよりたかい こいのぼり
おおきいひごいおかあさん
ちいさいまごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる


これは、「しょうがくせいのおんがく 1」(音楽之友社/昭和57年)で
カッコ付けで掲載されていたものだそうです。

昭和6年にできた皆さんがご存知のこいのぼりの歌には、おかあさんがでてきません。
女性は男性から3歩下がってついて行く。そんな時代でした。

のちに2番が登場する昭和は、家族みんなが大事で仲良し。という時代。

仲良し

おかあさんが登場するこの2番はママとしては嬉しいですよね。

⇒似たような歌って他にもありますよ!

あとがき

よく知っているこいのぼりの歌に2番や3番、さらにはおかあさんが登場するものまであって驚きでした。

個人的にはおかあさんが登場する2番が浸透してくれるのが嬉しいですが。

昔から語り継がれる歌はいつまでも大事にしていきたいですね。

 

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒こいのぼりの由来をこどもに説明できる?ママすごいって言われたい!!
⇒ぞうさんの歌詞の意味が泣ける!2番はとうさんが登場?!

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by チェリオ

    楽しい情報ありがとうございます。既に子供は二十歳を越えてしまったので歌うことはないのですが、心が温かくなりました。

    • by りん

      チェリオさん、こちらこそ素敵なコメントありがとうございます。
      そういって頂けるのが何よりうれしいです。
      またいらしてくださいね。

*