はしか(麻疹)の予防接種は昭和生まれだと受けてない?1回は効果ないのか

はしか(麻疹)の予防接種は昭和生まれだと受けてない?1回は効果ないのか

いつもありがとうございます。管理人のりんです。

関西空港を中心にはしか(麻疹)が広がっている恐れがあると報道されています。はしかを発症したうちの1人が、幕張メッセで開催されたコンサートに参加したんだとか。

はしかって聞くと子供の予防接種が浮かんでしまいますが、今回は大人が感染しています。子供は1歳になったら予防接種を受けるようになっていますが、1歳未満のお子さんを持つママは不安ですよね。

また、20代、30代、40代のママ自身もはしか(麻疹)の予防接種を子供の頃受けているのか心配になると思います。

今回は子育てママの年代(昭和生まれ?)にスポットを当てて、はしか(麻疹)の予防接種について見ていきましょう。

※9/6時点の情報を追記しています。

スポンサードリンク

はしか(麻疹)の症状とは

はしか(麻疹)02

 

10日ほどの潜伏期間を経て、発熱やせき、鼻水といった風邪のような症状が現れます。38~39度の熱が3,4日続くといったん下がります。

そして、再び高熱が出て頬の裏側に白い斑点が現れます。

重症になると、合併症を起こしやすく、肺炎や脳炎で亡くなる人も多数いるとのこと。

以前流行した2001年には、30万人ほどがかかり、約80名の方が亡くなられたようです。怖いですね((+_+))

※追記
驚異的な感染力を持つはしか(麻疹)の感染者数が、全国で41人にのぼっており、昨年1年間の報告数をすでに超えています。

ワクチン接種費用は、1回5000円~1万円。

 

はしか(麻疹)の予防接種は昭和生まれだと受けてないことがある

実は昭和生まれに限らず、はしか(麻疹)の予防接種を受けていない人、受け損なっている人は存在します。

少しデータが古いですが、国立感染症研究所の資料によると麻疹ワクチン、MMRワクチンの接種率が年代別でかなり開きがあります。接種率100%ではないですね。

麻疹接種率麻疹接種率02画像引用:国立感染症研究所

平成12年度に全体の接種率が80%をようやく超えたところですが、平成13年に至っては、1歳のワクチン接種率が50%とかなり低い数値になっています。

このデータからもはしか(麻疹)の予防接種を受けてない人がいることがわかります。

スポンサードリンク

はしか(麻疹)の予防接種は1回だと効果がない?

予防接種

平成2年4月2日以降に生まれた(25歳以下)人は、2回の定期接種(ワクチン)を受けることになっていますが、それ以前に生まれた(26歳~39歳)人は、ワクチン接種1回の場合が多いようなんです。

実際に私も親に借りてきた母子手帳で確認してみると、麻疹は1回しか受けていませんでした( ゚Д゚)

1回でも受けているなら問題ないようですが、1回のワクチン接種のみだと免疫が強化されていないらしく、はしか(麻疹)にかかってしまうことがあるんです。

さらに1回のワクチン接種から年数が経っている人ほど免疫が弱くなっている傾向にあるようです。

はしか(麻疹)は感染力がとても強く、免疫を持たない人が感染すればほぼ100%発症すると言われています。

また、40歳以上の人はワクチンを接種する機会がありませんでしたが、幼い頃に自然とはしかにかかっている年代です。はしかは一度かかると一生免疫があるそうです。40歳以上の人は、はしか(麻疹)にかかったことがあるかご両親に確認してみてください。一度もかかったことがなければ、早急にワクチン接種をしておくことをおすすめします。

ちなみに40歳の主人は、1歳未満ではしかにかかって大変だったと義母から聞いていたのでワクチン接種は必要なさそうです。

今回、感染が広がっているのはワクチン接種を受けていない人、1回のみの人がかかってしまっていると考えられます。

あとがき

子育て中のママは子供への感染を防ぐためにも、まずは自分が予防接種を2回受けているのか確認してみてください。

2回目を受けていない方で強いアレルギー体質の人は、事前にかかりつけ医に相談するようにしてくださいね。

これ以上、はしかが広がりませんように。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒子供の発疹 熱が出た!考えられる病気はコレ!原因って何?
⇒赤ちゃんのインフルエンザの予防接種はいつから?間隔や料金をチェック
⇒水疱瘡の予防接種 2回目の時期や間隔は?

⇒子供・赤ちゃんの病気【まとめ】
病気まとめ

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ハイジ

    こんにちは!私の娘も1歳の時にはしかを受けました。その接種でむすめははしかに罹りました。
    当時4歳になる息子(はしか接種済み)にもむすめのはしかがうつり、高熱が出てまだら模様になりました。
    当時病院でも、まさかね・・とういう感じで血液検査やらで大変だったのを覚えています。
    任意である以上親の責任ですから、受けるのは構わないけどリスクもあることは知っていてほしいと思っています。

    • by りん

      ハイジさん、貴重なコメントありがとうございます。

      予防接種には副作用等もありますから、受けさせないと決めている親もいると聞きます。
      しかし、医師の先生方は予防接種を受けずに重い病にかかってしまうリスクは大変なものがあるとおっしゃっています。
      子を持つ親の判断になりますので、それぞれのリスクを知ったうえで判断しなければなりませんね。

*