マイコプラズマ肺炎の症状で子供の熱が下がらない!検査に時間はかかる?

マイコプラズマ肺炎の症状で子供の熱が下がらない!検査に時間はかかる?

昨年、息子とそろってマイコプラズマ肺炎にかかったりんです。

最初は単なる風邪かと思っていたら、子供の熱がなかなか下がらないし、咳もひどくなってきた。

まさか、初のマイコプラズマ肺炎??

以前、友人の子供が入院して大変な思いをしていたのを聞いていたので不安になりました。

今回は、我が家のマイコプラズマ肺炎の体験をお話ししたいと思います。気になる子供の熱や咳の症状、薬や検査のことなど参考にしてみてください。

スポンサードリンク

子供のマイコプラズマ肺炎の気になる症状とは?

マイコプラズマ肺炎の代表的な症状といえば、発熱と咳ですが、最初のうちは普通の風邪との判別が難しいんですよね(T_T)

他にも、喉の痛みや鼻水・鼻づまりの症状が出たり、嘔吐や下痢の症状が出る子も中にはいるようです。

我が家の場合は、休日の明け方に突然、咳込んで起きて胸が苦しいと訴えてきたので、慌てて休日在宅医へ駆け込みました。

前日までなんの前触れもなく、主人の実家で元気に遊んでいたので驚きでした。

翌日、日中はすっかり元気になったものの夕方から夜にかけて咳がひどくなり、熱も上がってきましたね。

マイコプラズマ肺炎の咳はいつまで続く?

咳

我が家では、この咳が一番厄介でした。

普通の風邪の咳と明らかに違っていて、軽い「コンコン」では済まない感じ。「コホンコホン」から「ゴホンゴホンゴホンゴホン」と一度、咳が出始めるとなかなか止まらない咳でした。

息子は咳き込みすぎて、何度か吐いてしまうほどひどく、見ている親が代わってやれないやりきれなさでいっぱいになりました(泣)

咳のしすぎで胸やお腹の痛みを訴えるほどだったので、小さい体には酷な病気です。

病院を受診して薬をもらってからも、咳だけは1ヶ月近く出続けていました。後半はだいぶ楽にはなっていたようですが、マイコプラズマ肺炎は咳が長引くのが特徴ですね。

大人がかかるとどうなる?

マイコプラズマ肺炎は大人がかかると重症化しやすいと言われていて、風邪だと思って受診したらそのまま入院になったなんて話を聞いたことがあります。

正直、まさか自分がかかるとは思ってもみませんでした。

私のマイコプラズマ肺炎の体験談はこちら。
⇒マイコプラズマ肺炎の大人症状は咳がツラすぎる!うつる期間に家族も注意

マイコプラズマ肺炎の検査方法は?

マイコプラズマ肺炎には、特定するための検査キットがあります。

息子の時は、看護師さんが少し大きめの綿棒でのどの粘膜をこそいで検査していました。時間もそんなにかからず、結果が出ましたよ。

ただ、のどの粘膜をこそぐ時にちょっと「オエェッ。」ってなるのがかわいそうでした。涙目でしたから。

さらに、かかりつけ医では、血液検査でマイコプラズマの抗体を調べたり、炎症反応を見たり、レントゲンを撮ったりしました。

耳たぶで採血をしたんですが、最初に針でチクッとさして血を出します。ここで多くの子が泣くらしいのですが、息子は平気な様子。

その後、検査に必要な量の血をとるために耳を揉むんですが、これが痛かったみたいで泣いてました。

レントゲン写真は、びっくりするほど真っ白でかなり重症なのでは?と不安にさせられました。ただ、そういうものだと先生に言われてほっとしたので、初めて見る時は驚くかもしれません。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎の治療薬を把握しよう

マイコプラズマ肺炎と診断されると、マイコプラズマ肺炎に効く抗生物質を処方されます。

マクロライド系といわれる抗菌薬で

  • エリスロシン
  • クラリシッド
  • クラリス
  • ジスロマック

などがあげられます。

息子は、最初エリスロシンドライシロップを処方されました。

しかし最近では、耐性菌が増えてきていてマクロライド系が効かないマイコプラズマ肺炎も多くなってきています。息子がまさにそうでした(T_T)

その場合は、ニューキノロン系やテトラサイクリン系の抗菌薬を使用することになります。

  • クラビット
  • オゼックス
  • ミノマイシン

などがあります。

8歳未満には副作用も考えられるため、使用には注意が必要です。

息子は耐性菌のマイコプラズマ肺炎だったようで、かかりつけ医と相談しながらミノマイシンやオゼックスを4日分ほど処方されました。

幸い副作用もなく、元気になってくれたので良かったです。

子供に寄り添って

マイコプラズマ肺炎に限らず、子供が病気になってしまうと親は心配でたまりませんよね。苦しそうな我が子を前に、代わってやれない苦い思いをママやパパは一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

幼稚園や学校に通っていると、どうしても病気はもらってきてしまうものですが、子供がツラい時、そばに寄り添ってあげるだけで子供は安心すると思います。

日頃から、手洗い・うがいを心がけ、栄養のある美味しいものを食べて家族みんなで予防していきましょう。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒マイコプラズマ肺炎で子供が入院!友人の体験談とは?
⇒マイコプラズマ肺炎の大人症状は咳がツラすぎる!
⇒マイコプラズマ肺炎で出席停止?うつる期間はどれくらい?

*