チャイルドシートは助手席に?!それって違反なの?子供を守るために知っておくべきこと

チャイルドシートは助手席に?!それって違反なの?子供を守るために知っておくべきこと

こんにちは。管理人のりんです。

最近、チャイルドシートを助手席につけてる車を見かけました。
助手席って違反なんじゃ?と思ってしまった私。

実際はどうなのでしょうか?
みなさんはチャイルドシートどこにつけてますか?

子供の身を守るためにもママはしっかりとした知識を持っていたいですね。

スポンサードリンク

チャイルドシートを助手席につけるのは違反じゃない?

私はなんとなく違反なんじゃないのかなぁ。くらいの認識でしたが、チャイルドシートを助手席につけて子どもを乗せても違反ではありません。法律上、設置場所については特に記載がないのです。

ただ、子どもの身を守るためにあるチャイルドシートですから、助手席が安全かといわれると決して安全ではないです。

助手席に潜む危険をみていきましょう。

エアバッグが危険

エアバッグはご存知のように、車が衝突した時の衝撃を和らげ、致命傷を負わないようになっています。それでも、鼻の骨が折れたり、腕を骨折することがあります。それだけすごい衝撃なのです。

そんなエアバッグの衝撃が助手席のチャイルドシートに乗っている我が子に襲い掛かるのです。考えるだけでも恐ろしいですね。

万が一、助手席に設置する必要がある場合、チャイルドシートを後ろ向きで設置するのだけはやめてくださいね。エアバッグの衝撃で我が子が亡くなってしまう最悪の事故が起こりかねません。

座席を一番後ろまで下げて、必ず前向きに設置するようにしましょう。

事故

助手席が危険

助手席は後部座席と比べて、事故の時の死亡率が高いことがわかっています。
どうしてもとっさの時は運転者がハンドルを右に切ってしまいがち。
結果、助手席側が危険にさらされる確率が高くなってしまいます。

日本の左側通行というのも一つの要因。助手席(左)側は壁や電柱などの構造物が多く、追突した場合のリスクが高いのです。

わき見運転

助手席に我が子がいると、運転中とはいえ気が逸れてしまいます。
ほんとちょっとのつもりが車はかなり進んでしまうもの。
一瞬の気のゆるみが事故につながります。

運転中に携帯をいじったり、電話することも違反になったのはそれだけ事故が多くなったからです。

スポンサードリンク

チャイルドシート設置場所おすすめは?

では、チャイルドシートはどこに設置するのが一番いいのでしょうか?

車内で一番安全なのは運転席の後ろですね。3列シートの場合は2列目が安全といわれています。

とはいうものの、我が家は助手席の後ろに設置しています。

その理由についてはこちらの記事で!

あとがき

チャイルドシートを助手席につけるのは違反ではないことがわかりました。しかし、我が子の安全を考えると助手席につけようとは思いませんでしたね。

我が子を守れるのはママであるあなた、パパであるあなたなのです。
お子さんのことを考えて、チャイルドシートの設置場所を選んでくださいね。

もちろん、お出かけの際は安全運転を心がけましょう。

チャイルドシートの設置場所を考えているあなたの参考になれば幸いです。

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒チャイルドシートの違反って何歳まで?意外と知らない年齢のこと
⇒チャイルドシートの回転式は必要です!我が家はこれ使ってます!!

*