陣痛促進剤で出産!リスクや痛みは?費用もかかる?私の出産体験記

陣痛促進剤で出産!リスクや痛みは?費用もかかる?私の出産体験記

こんにちは。ひまわりです( › ·̮ ‹ )

出産は人それぞれ、ほんとーに様々な出産体験があるかと思います。
あの壮絶な出産を思い出すと恐怖になったりもしますが。。。(笑)

私の出産は1人目、2人目、全く状況は違ったものの共に陣痛促進剤による出産でした。

1人目の時は予定日を超過してしまい促進剤で出産することに。

2人目は破水から始まり、陣痛がこなかったため促進剤を使うことになりました。

スポンサードリンク

陣痛促進剤とは

image

陣痛促進剤とは、子宮の収縮を強める薬のことです。

どういった時に使われるのか

  • 陣痛が強くならずお産が長引いた時
  • 破水したのになかなか陣痛がはじまらない時
  • 予定日を過ぎてもお産がはじまらず、胎盤の機能低下の心配がある時

促進剤の種類にはオキシトシンとプロスタグラディンという2種類の薬があります。

促進剤の目的

陣痛を誘発する

出産予定日を2週間以上過ぎて胎盤の機能が低下したり、赤ちゃんの状態が悪くなったりする場合には陣痛促進剤の使用を検討します。

また、出産予定日を超過していなくても、陣痛の前に破水が起きた場合や、妊娠高血圧症候群などで母体の状態が悪くて早期の出産が望ましい場合に使われます。

陣痛を後押しする

自然に陣痛がきたものの、子宮口の開きが遅い微弱陣痛と診断された、あるいはお産が長引いて母子ともに疲れてしまった場合に、陣痛促進剤を使います。
このときはママと赤ちゃんの様子を見ながら検討されます。

陣痛促進剤のリスク

過強陣痛〜強すぎる陣痛により母体や胎児が危険な状態になります。

胎児仮死になる場合や子宮破裂を起こす場合もあります。

スポンサードリンク

陣痛促進剤での出産

早く出産を終える人もいれば時間がかかって出産をする人もいます。

1人目の出産

飲み薬による促進剤
image
飲み薬での促進剤は、薬剤が吸収されるのに時間がかかるため、飲んでから徐々に効果が出てきます。
飲む量は、一時間おきに1錠ずつ、最大6錠まで服用することが可能です。

私の場合は予定日は1週間程超過してしまったので促進剤を使っての出産になったのですが、入院当日の朝9時から飲み始めてお昼ご飯も普通に食べてお昼も回ってしまい、陣痛があまりにこないので焦っていたことを思い出しました。

ラストの一錠を14時に飲みそれが陣痛に繋がり一気に痛みが来ました。
出産を終えたのが18時半くらいでした。

促進剤が効かない場合は帝王切開になることを事前に説明されていたので陣痛があまりにもこなくて焦っていました。

2人目の出産

点滴による促進剤
image
点滴の針を刺して、そこから薬を注入します。
はじめは少量から使用し、その後陣痛の程度を確認しながら量を調節します。
また、決められた薬剤が正確に入るように、輸液ポンプという機械を使って点滴を行います。

人によって少量で効果が現れることもあるため、必ず分娩監視装置で子宮の収縮や赤ちゃんの心拍を観察します。

2人目の出産は38w3dの時に破水から始まり、一晩陣痛を待ったのですが陣痛が来なかったので陣痛促進剤を使うことになりました。

破水の場合は感染症を防ぐため破水してから48時間以内に産まなくてはいけないので一人目同様、促進剤が効かない場合は帝王切開になることの説明を受けました。

夜の20時頃破水し病院に向かい、一晩LDRのベッドで陣痛を待ったのですが来なかったので朝の9時から促進剤の投与開始。

たまに陣痛らしきものは来るものの本陣痛にはなかなか繋がらず、本格的な陣痛が始まったのが14時を回ってからで出産をしたのが17時頃でした。

促進剤の費用

image
基本的には自費になります。

微弱陣痛などでお産がうまく進まない場合の投与では保険は適用されますが、その他の分娩を誘発する目的で使用される場合は、保険の適用がされません。

1人目の場合は計画予定分娩だったので保険の適用がされず52万くらいかかりました。
出産一時金が42万円なので10万円の実費です。

2人目の場合は破水によって赤ちゃんの命に関わるために促進剤を使用したので保険適用でした。
なので出産一時金内にほぼ収まりました。

あとがき

陣痛促進剤による出産は自然陣痛に比べて痛い場合が多いみたいです。
私は自然陣痛を経験したことがないので15分、10分間隔というのを経験したことがありません。

促進剤は一気に本格的な陣痛が5分、3分感覚でくるのでいきなり来る陣痛の痛さについていくのがやっとでした。
呼吸法でかなり、陣痛の感じ方が違うということを事前に勉強しておいたので、1人目も2人目も意外と冷静に産んでいたことを思い出しました。

出産はこの世の痛みじゃないとよく聞きますが。
陣痛がきてる間、数十秒はほんとーに痛いですが…ずっとではないので意外と余計な事を考える余裕もあるものです(o^^o)

二人目の出産は一睡もできず出産に挑んだので陣痛と陣痛の合間(1分くらい) とか寝てる余裕もあった気がします(笑)

次の陣痛が来るのが自分でもわかるので、それまでは頭の中で「今日の夕飯なにかな」とか助産師さんと世間話したり。そんな余計なことまで考える余裕もあったりします(^-^)

これから出産される妊婦さん♫

出産はいかにリラックスして産めるかが痛みの緩和にも繋がると思います。
私は陣痛時、音楽をかけたりして陣痛にひたすら耐えてました(^-^) 音楽は耳から絶対入ってくるものなのでリラックスするには効果抜群でした。

出産には事前に調べて色々持って行きました。
これは持って行ってよかったものなどを次の記事で書いていこうと思います。

これから出産を迎えるママのお役に立てれば嬉しいです。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

*