ハッシュドビーフとハヤシライスの違いは?人気レシピも大公開

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いは?人気レシピも大公開

こんにちは♫ひまわりです(o^^o)

ご家庭で作る率が高い料理といえば!!断トツでカレーですが(^^)
同じ煮込み料理でもハッシュドビーフやハヤシライス、ビーフストロガノフ、ビーフシチューなどがあります。

今は簡単に美味しく作れる市販のルーも色々売っていますよね!

本格的に作りたいなと思っていても、なかなか初めからは時間も手間もかかりすぎてしまい忙しいお母さん達には難しいですよね(>_<)

そこで本日は、デミグラスソース缶を使って時短、尚且つ本格的に作れるハッシュドビーフのレシピを交えながらお話しようと思います。

ハッシュドビーフとハヤシライスってすごく似ている物のような気がしますが、実際何が違うのでしょうか…

スポンサードリンク

ハッシュドビーフとハヤシライスの違い

  • ハッシュドビーフ
    牛肉と玉ねぎをドミグラスソースで煮込んだもの。
    本来はご飯にかけずそのままいただくものです。
    北米ではマッシュポテトやパスタをサイドデッシュに添えて食べます。
  • ハヤシライス
    牛肉と野菜を炒めトマトソースやトマトケチャップなどで煮込んでご飯にかけたものです。
    ハヤシライス発祥のお店は日本橋にあるマルゼンカフェというところです。
    丸善の創始者である早矢仕有的(はやしゆうてき)氏が考案されたとする説あり。

※簡単に言うとハヤシライスの方がトマトの比率が高い料理ということですね♫

デミグラスソース缶で簡単絶品ハッシュドビーフ

image
今回は時短で簡単に作れるハッシュドビーフのレシピをご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 牛肉(薄切り) 250g
  • たまねぎ  1個
  • ぶなしめじ  1株
  • デミグラスソース 1缶
  • バター 20g
  • 赤ワイン 30cc
  • 顆粒コンソメ 大1 固形なら1個
  • 水 150cc
  • ローリエ 1枚
  • にんにくチューブ 2cm
  • 塩コショウ 適量
  • 生クリーム 適量
  • 味噌 大さじ1

作り方

  1. バターで牛肉を炒め、塩コショウをして皿によけておく。
  2. 同じ鍋にバター、にんにくを入れて香りが出たらたまねぎぶなしめじを炒める。
  3. 肉を鍋に戻したら、赤ワインを入れる。
  4. 水、顆粒コンソメ、ローリエを入れ、弱火~中火で5分ほど煮込む。
  5. デミグラスソースを入れ、15分ほど煮込んだあと最後に隠し味の味噌を入れる。
  6. お皿に盛り付けたあとお好みで生クリームをたらしてください。

今回はハッシュドビーフのレシピをご紹介しました♫

スポンサードリンク

ハッシュドビーフ、ハヤシライスの隠し味

そのままでも十分美味しいとは思いますが、ちょっと隠し味を入れることで美味しさが増します。

どのような隠し味とその効果があるのでしょうか。

醤油

image
味に深みが出て、ソースが引き締まります。

味噌

image
味噌のコクでまろやかになります。

コーヒー

image
仕上げ前に入れるだけで、コーヒー特有の風味と香ばしさが、上品な深みのある味になります。

我が家は味噌を入れることが多いです。
コーヒーは試した事がまだないので機会があれば試してみようと思います。

まとめ

ハッシュドビーフとハヤシライスはほぼほぼ似ている料理ですが、若干違うということをわかっていただけましたでしょうか?

忙しいお母さんは毎日の料理をするだけでもとても大変なことだと思います。

そんな毎日でも一手間かけた料理をたまには作りたい!

ちょっとした一工夫で、時短で簡単に作れる!でも本格的!なレシピもありますので是非試してみてください(*^o^*)

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 
ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

*