主婦の節約術は食費だけじゃない?まずは○○から!

主婦の節約術は食費だけじゃない?まずは○○から!

いつもありがとうございます。管理人のりんです。

家計を担う主婦と節約って切っても切れないですよね( ;∀;)

家族4人で食費2万!なんて主婦向け雑誌で見て、我が家ももっと節約できるのかも!と思って頑張ってみたこともありましたが・・・

いかんせん、我が家は夫婦そろってよく食べ、食べることに幸せを感じてます。

スポンサードリンク

食費はもちろん引き締めますが、無理をしないのが私のスタンス。

今回は、我が家で効果のあった食費以外の節約術をご紹介したいと思います。

収支を把握する

収支

当たり前のところからですが・・・

家計を節約するには、毎月の収支を把握することが大切ですよね。

毎月いくら入ってきて、何にいくら使っているのかわからないんじゃ節約のしようがありませんから。

家計簿をつけている人はわかると思います。

ちなみにわたしもつけてます。といってもレシート貼るだけの簡単タイプ。

2列式 新レシート貼るだけ家計簿―最近の大判レシートに対応 (主婦の友生活シリーズ)

新品価格
¥566から
(2015/8/7 10:09時点)

細かく記入する必要がないのでとっても便利です。

 

毎月の収支を把握したら、固定費を見ていきましょう。

スポンサードリンク

カットできる固定費をさがす

単純に節約しようと思うと食費を切り詰めて…と考えがちですが、食費は変動費。

固定費というのは、毎月決まって出ていく支出のことで、家賃や住宅ローン、水道光熱費、車関係費、保険料、通信費、夫・妻こづかいなどがあります。

食費や娯楽費、衣服費などは変動費になりますね。

食費を節約することはもちろんできますが、切り詰めすぎて体調を崩して、医療費がかさむなんて本末転倒になってしまってはいけません。

注目すべきは、毎月決まって出ていく固定費!

ここを見直せば、自ずと家計の節約ができるんです。

節約

まずは家賃や住宅ローン。

今住んでいるところの更新に合わせて、もう少し安い家賃のところへ引っ越すとか、家を購入した人であれば、ローンの借り換えを検討してみるとか。

もちろん、引っ越し費用、借り換えにかかる費用等も考える必要があります。

水道光熱費であれば、無駄な使い方をしていないかチェックする。

電気代であれば、契約種別が適当か今一度確認してみるのは大事ですよ。

共働きの夫婦であれば、日中は自宅でほとんど電気を使わないでしょうから夜に使うとお得になるプランに変更するとか。

我が家は時間帯別に料金が設定されているプランなので、電気料金が安くなる17時をすぎてから電気を使うことが多いですね。22時~8時までがさらに安くなるので、その時間に家事は済ませてしまうことが多いです。

是非、確認してみてくださいね。一度変更すれば後は楽ですから。

 

実は保険料が盲点?!

保険料

固定費の中で特に節約に向いているのが実は保険料!

TVCMで車の保険の見直しとか見たことがあると思います。

 

皆さんは夫や自分の保険の内容ってきちんと把握してますか?

独身時代に勧められるまま入ったとか、満期までまだあるから解約すると損だとか。

私も結婚当初は主人の保険は独身の頃のままでした。もちろん自分も。

息子が生まれてから、保険内容はこのままで大丈夫なのかと不安になり、保険アドバイザーズで保険の見直しをしました。

結果、家計のスリム化に成功しましたよ。

我が家は主人が一家の大黒柱なので死亡保障やガン保障を手厚く、さらにきちんと貯蓄というか利回りのいい商品も教えていただき、保険だけど将来払った以上に戻ってくるものにも加入でき、いいことずくめでした。

当初、主人はその時入っていた保険を解約することにかなり躊躇していたんですが、今ではよかったと言ってくれています。

さらに保険アドバイザーズは、子育て中のママにはピッタリなんじゃないかと思います。

保険コンサルタントが自宅まで来てくれてホントに助かりました。

子連れで窓口に行くのは何かと大変ですし、予約していても駄々をこねたり、急に熱が出たりなんてこともありますもんね。

家計を担うママにはぜひ、一度保険の見直しを検討して頂けたらと思います。

相談は何度でも無料ですし、わからないことは親身になって応えてくれましたよ。

もちろん、納得したものだけに入ればいいですし、その後の変な勧誘もありませんでした。

何か気になることがあれば、下のコメント欄や問い合わせからお尋ねいただければ、お答えしますね。

一度お試しあれ!保険アドバイザーズ

あとがき

いかがだったでしょうか?

節約しようとするとまず食費からと考える人も多いと思いますが、我が家が成功した保険の見直しも参考にしてみてくださいね。

他には、主婦が安心して自宅で稼ぐ方法などもご紹介していこうと思ってます。

『子育て主婦でも自宅でできるお小遣い稼ぎ』にもし興味のある方がいらっしゃればお問い合わせくださいね。私ができることであればお答えしていきますので!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。りんでした。

ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒七五三写真の値段を安く済ませた我が家の裏技とは?

*