子連れ出勤は迷惑?!とくダネで特集されて賛否両論!

子連れ出勤は迷惑?!とくダネで特集されて賛否両論!

いつもありがとうございます。管理人のりんです。

働くママやパパにとって、子連れ出勤はアリなのでしょうか?

先日、とくダネで子連れ出勤について特集されていました。ネット上では子連れ出勤の賛否についてかなり反響があったようです。

それだけ働くママやパパにとっては関心事なんですよね。

今回は実際に取材された企業の取り組みを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

子連れ出勤の企業の取り組み

ソウ・エクスペリエンス

ソウ・エクスペリエンス

まずは、子連れ出勤を導入して2年経つという企業『ソウ・エクスペリエンス』

東京都品川区にオフィスを構え、男女関係なく子連れ出勤している企業だ。

イメージ的にママだけかと思いきや、パパも子連れ出勤しているのには驚いた。

特集では、会社に子供用のスペースが設けられていたり、他の職員が協力して子供の面倒を見ている様子が紹介されていた。

早速ググってみると、ソウ・エクスペリエンスでは「『子連れ出勤』100社プロジェクト」という新たな取り組みを始めていた。

自社が実践する「子連れ出勤」について情報発信し、子連れ出勤OKの企業を100社に増やしていこう

というものだそうだ。

ちなみにこちらは体験ギフトカタログを扱う会社。

こんなギフトをもらったらワクワクしますね。

詳しくはホームページをご覧ください。
⇒ソウ・エクスペリエンスホームページ

スポンサードリンク

R-STORE

R-STORE

もう1社は、これから子連れ出勤を導入しようとする企業『R-STORE』

こちらも東京都品川区にオフィスを構える不動産会社。

特集では、初めての子連れ出勤を試した社員に密着。

子連れ出勤した社員の周りを気にして仕事がはかどらない様子や周りの社員の集中力が切れるだのどうしていいかわからないといったコメントなど報じられた。

子供がおもちゃで遊ぶ音に集中できないといって退社、外のカフェで仕事するという社員も出てきてしまう一幕も。

前述した企業のように子連れ出勤は簡単なことではないんだなという印象。

しかし、取材されたR-STORE側がこんなコメントをブログで公開している。

R-STOREはオフィスじゃない場所で仕事してよい会社なんで、気分変えたいときにカフェに行くとか普通にあること。で、その外出シーンを利用されて、いかにも「子供がいると集中できないんで、迷惑なんで外で仕事してきます」みたいな雰囲気に仕立てられて。色んなシーンで喋った言葉がつなぎ合わされてあんなコメントに仕立てあげられていて、かなり驚きました。

昨日の放映を見てなんかすごい残念な会社みたいに扱われちゃってて(笑)。

まあなかなか悪意を感じる編集で。

放映するなら、きちんとこちらの意図を伝えて欲しいですね。テレビの編集の怖さというか、番組のストーリーのために作為的に作り上げられるということが本当にあるんだなあ、と。身を持って感じました。積極的に「子連れ出勤」を導入したいと思っているのに、逆に僕らが困っているかのようなシーンばかり取り上げられてしまって。

詳しくはこちらのブログで!

子連れ出勤に前向きに取り組んでいる企業なのに、テレビでは全然違う内容として放送されてしまう。そんなことがまかり通るんですね。

ブログを見てもらえばわかると思いますが、代表の浅井さんの子連れ出勤に対する考え方はとても素敵だと思います。ソウ・エクスペリエンス代表の西村さんもしかり。

あとがき

子育て中の働くママには、保育園の待機児童問題や子供が急に熱を出して仕事を休まないといけない問題、職場でのあり得ない異動など様々な問題を抱えている人が多く存在します。

行政も女性が働きやすいよう動いてはいますが、現場の働くママまで浸透するにはまだまだ時間がかかりそうですよね。

働くママにとって、今後このような企業が増えていくことはとてもいいことなのではないでしょうか?もちろん、すべての業種が対応できるわけではないのも確かです。

まだまだ課題も多い子連れ出勤ですが、働くママにとって、保育園に子供を預けるという選択以外のもうひとつの選択肢として子連れ出勤が選べるそんな世の中になるといいですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ポチしていただけるとすごく嬉しいです(^^♪ 

こちらの記事も合わせて読むとためになります。
⇒保育園のお盆休みっていつから?働くママ必見!
⇒子供の夏風邪を予防しよう!おすすめの食事とは?

*