子供への薬の飲ませ方!我が家はこうしてます!

子供への薬の飲ませ方!我が家はこうしてます!

いつもありがとうございます。管理人のりんです。

子供が風邪などを引いて処方されるお薬。
皆さん、子供にどうやってお薬飲ませてますか?

先日、夏風邪になった息子に久しぶりに薬を飲ませようとしたら嫌がるのなんの。

子供への薬の飲ませ方はいろいろありますが、我が家で効果があったものをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

薬を飲ませる時の注意事項

ac10 mamaai

子供や赤ちゃんに薬を飲ませる場合、いくつか注意しなければいけないことがあります。

主食やミルク・母乳には混ぜないこと

苦みのある薬を混ぜることで、ご飯を食べなくなったり、ミルクや母乳の味が変わって嫌いになってしまう可能性があるからです。

粉薬は飲ませる直前に溶かすこと

粉薬を水に溶かしたり、水で練ったりする場合、作り置きすることはやめましょう。時間の経過とともに薬の効き目が落ちてしまうことがあります。

無理に飲ませない

泣き叫んで嫌がる子供には無理やり飲ませないようにしましょう。気管に入ってしまう恐れがあります。

子供への薬の飲ませ方

まずは代表的なものをご紹介。

粉薬の場合

ごく少量の水で練ってペースト状にして、上あごや頬の内側に塗りつける。その後、水などを飲ませる。

シロップの場合

スポイトなどで必要量を吸い上げ、頬の内側に流し込む。そのまま飲ませてももちろんOK。

子供用に甘い味のついた薬ならこれで飲んでくれますが、抗生剤などの苦みのある薬はどうしても嫌がりますよね。

そんな時は子供の好きな甘い物と一緒に混ぜてあげるのが効果的。

スポンサードリンク

 

我が家の薬の飲ませ方

OL

我が家の坊ちゃんに一番効果があったのは、お気に入りのヨーグルトに混ぜるというもの。

もちろん、乳製品に混ぜてOKな薬のみですが。

他にはイチゴジャムに混ぜてパクッとひと口。苦みは全く感じないようです。

ただ、ずっとこのままというわけにもいかないなぁと感じていて、この前、夏風邪を引いた時に数滴の水で溶いた抗生剤を上あごに塗る方法で与えました。

もちろん最初は嫌がりましたが、「○○ちゃんの風邪を治すためだよ~。」「悪いばい菌さんをやっつけるためにがんばろうねぇ。」など薬を飲まなきゃいけない理由をちゃんと説明して、この飲ませ方を貫きました。

1日3回4日分処方された薬。

1日目は口も開かず逃げ惑うばかり。それでも飲まなきゃいけないと言い聞かせ、なんとか口に入れて麦茶で流し込みました。

2日目3日目になると、嫌がりはしますが、観念したのか?薬を飲む理由を理解したのか?口を開くようになりました。

おすすめの飲ませ方

我が家では試したことがありませんが、口コミで評判がいいのがこちら。

おくすり飲めたね引用元:http://www.qlife.jp/

のど飴で有名な龍角散が販売しているゼリータイプのオブラート『おくすり飲めたね』

離乳中期のお子さんから使えるみたいです。
苦みのある抗生剤にはチョコレート味がおすすめらしく、どうしてもお薬を飲まないとお困りのママは一度試してみるといいかもしれません。

あとがき

子供に薬の飲ませるって大変ですよね。
子育て中のママは誰しもこの問題に直面したはず。

甘いものでだますというのもアリですが、幼いからまだわからないと思わずにちゃんと説明することも大事なんじゃないかと思います。

もちろん、どうしても飲まない子もいますから、おくすり飲めたねシリーズを活用するなど、我が子に合った方法を探してみてくださいね。

我が家の話が参考になればうれしいです。

*